世界一周(後編)3

2008.12.24



ザルツブルグは、ミュージカル「サウンド・オブ・ミュージック」の舞台となった街。

旧市街を歩けば、ちょっとした映画ロケ地巡り

画像
     ザンクト・ペーター教会
音楽祭の会場から逃げ出したトラップ一家が
修道院の墓石の後ろに隠れるシーンが撮影されたのがここ!
トラップ一家の長女リーズルの恋人で、ナチスの親衛隊員として
一家を捜していたロルフと遭遇する印象的な場面。

画像
     ノンベルク修道院
見習い修道女でありながらトラップ大佐に恋をしたことに気付き
修道院に逃げ帰ったマリアに一目会いたいと
子供たちが修道院に行ったのに、
門を開けてもらうことができなかったシーン
終盤で、トラップ一家を追って
ナチスの隊員が車で修道院に乗り付けるシーンもここかな?
修道女たちが「私は罪を犯しました」と懺悔して
車の部品を見せるのが楽しかった!
そのせいで、ナチスの追っ手は車が動かず…

画像
     「馬の水飲み場」
大佐の方針で遊び着を持っていない子供たちに
マリアが部屋のカーテンで遊び着を縫い
子供たちはそれを来てザルツブルグ旧市街を歩いてピクニックへ。

ピクニックで、マリアが子供たちに教えるのが
あの「ドレミの歌

画像
     モーツァルト小橋
     ドレミの歌を歌いながらマリアと子供たちが
     この橋を通り抜けて来る(自転車に乗っていたような?)

画像
     ミラベル庭園
     この像の間を子供たちが歌いながら
     行進風に踊ります

画像
     ここもミラベル庭園
     ドレミの歌を歌いながらマリアと子供たちが
     バラの葉陰のトンネルを駆け抜ける場面
     写真の右端あたりがバラのトンネル… 
     冬だから、花壇もちょっとくすんだ色だけどね。

画像
     すっかり歌うことをマスターした子供たちが
     歌いながらミラベル公園の
     「ペガサスの噴水」のまわりをぐるぐる

画像
     ドレミの歌のクライマックス
     音階に合わせてマリアと子供たちが階段をぴょんぴょん
     最後はマリアの高音でシメ!
     この門が開いていないと、
     映画と同じアングルにはならないんだけど~

画像

この世界一周の長距離フライトでは、
たまたま「サウンドオブミュージック」が見られたので
このあと、飛行機の中で、ここ行った! とはしゃいだusuri夫婦


…それにしても、人が少ない。
気付くと、周りに人があまりいなくなっていた。
ちょっとお茶でも飲んで休みたいな、お土産買いたいな、なんて思っても
周りを見渡したら、どこもみんな店じまいを始めていた。
実は、見学したかったレジデンツ(大司教の宮殿)も
行きたかったレストランも、今日はお休みだった。
仕方ない、駅に向かいますか~

でもusuri、「塩買ってない!」
ザルツブルグという名前は「塩の砦」という意味。
お土産には当然、塩を買いたかったのに、
駅に向かう新市街の店もどこもかしこも閉まっている…

そんななか、ようやく見つけたのが ガソリンスタンド内の売店
ここでようやく塩を買ったけど、これってお土産用?

途中でカフェでもあったら… と思いながら歩いていたけど
結局どこも開いていなかったため、予定よりだいぶ早く駅に到着。
そしたら、駅の売店やカフェもほとんど閉まっている! ええ~!?
かろうじて「本日午後5時閉店」と張り紙をしたカフェが1軒だけ営業しており
(メニューはほとんどなし)
閉店ぎりぎりまで粘ろうとしたけど
午後5時より早く店を追い出されてしばらく、
ようやく帰りの列車が入線。

画像

IC64 17:02 ザルツブルグ→ミュンヘン中央駅

画像

偶然にも、行きに乗っていた同じ車両の同じコンパートメント。
行きにコンパートメント内のゴミ箱に捨てていったゴミがそのままあったもん。
そして同じく予約は2人きり! やったあ!
コンパートメントの座席の全部の座面を前に引き出すと
コンパートメント全体がフルフラットベッドになるもんだから
車掌さんの検札が済んだら、2人してコンパートメントで大の字!
ぐっすり眠ってミュンヘンまで~

18:30 ミュンヘン着

まだあんまりお腹は減っていないんだけど、
夜お腹がすいても、レストランが開いていなかったらどうしよう。
ミュンヘン駅構内の売店も、どうやら店じまいモード。
少し食料と、それから飲み物だけは調達しておかねば!
それに、明日の朝ご飯も!
と、店じまい中の売店にすべり込み食料を調達。

ホテルに戻って、こんどはミュンヘン旧市街の夜景を見ながら
開いているレストランを探そう! と再び街へ。
本場ミュンヘンにいるんだから、ビアホールに行けばいい…
って、思うでしょ?!
ビアホールがクリスマスイブの今日、
やっていないことはすでにリサーチ済みだよ(泣)

クリスマスイブのミュンヘン

画像

画像

画像

画像

画像

すごいでしょ?!
そんなに遅い時間じゃないのに
本当に誰もいないから!
レストランはおろか、どんなお店も全く開いていない。
雨も本降りになり、早々にホテルに引き上げることにした。
泊まっていたホテルのレストランも営業していなかったので
駅で食料を調達しておいて本当によかった~!

画像

画像

部屋には、クリスマスのサービスらしいフルーツが。
これで今日の夕食はおしまい。

ヨーロッパのクリスマスは、家族と静かに過ごすものだというし
ドイツには、閉店法という法律があって、
クリスマスイブの夜とクリスマスのお店の営業を法律で禁止しているらしい。
聞いてはいたけど、ミュンヘンに来て実感したよ。
じゃ、クリスマスイブは、静かにさっさと寝ちゃいましょう! 
おやすみ にゃにゃっ!!





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

年末年始ローマ旅行記3
Excerpt: 2013.12.28
Weblog: ういのしんの旅行記
Tracked: 2014-02-04 13:32