世界一周(準備編)3

スターアライアンス世界一周航空券は
「RTW」と呼ばれる航空券である。

RTW=Round The World Ticket

もちろん、自由な旅程を組み、それぞれの区間の航空券をばらばらに買っても
世界一周はできるけれど、そうすると値段はいくらか、想像もつかない。
日本~ヨーロッパ間ビジネスクラスだけでも60万円台では済まないわけだし。

RTWは、料金定額。いくつかのルールに従っていれば
その範囲で自由に旅程を組めるし、値段の心配は不要。
それぞれの航空券を買うよりもちろん割安。

RTWは、スターアライアンス(以下スタアラ)だけではなく、
他のアライアンス(JALが加盟しているワンワールドとか)や航空会社も発売している。
でも、スタアラのRTWであれば、飛行機に乗った分、全部ANAのPPがつくからね。

航空券なので、当然、エコノミークラス・ビジネスクラス・ファーストクラスがあるけれど
ファーストクラスはもちろん諦める(笑)
でも、PPはエコノミーよりビジネス、ビジネスよりファーストが貯まりやすいようになっていて
エコノミークラスのRTWでは、5万PPには絶対到達しない。
ビジネスクラスのRTWでギリギリ到達するかなあ、というくらい。
というわけで、ビジネスクラスでの世界一周というゼータクに気持ちは傾いた!

ところで、RTWを利用して、どんな世界一周ができるんだろう?
日本発着の航空路線のことなら簡単に分かるけれど
海外から海外への移動なんて、どこにどんな飛行機が飛んでいるのか想像もつかないよ!
せいぜい、日本から行った先で一回乗り継ぐくらいしか経験ないし…

スタアラのホームページには、RTWのシュミレーション機能が付いていて
行きたい日にち・場所を入力すると、利用可能なフライト情報が出てくる。
それを次々選んでいけば、あっというまに世界一周のプランが完成~!
海外からさらに海外の知らない都市に飛ぶのも自由自在。
しかも、もしRTWのルール違反をすれば「移動距離がオーバーです」とか
「その都市には24時間以内しか居られません」とか
ちゃーんと教えてもくれるのだ。

世界一周って、
「退職記念に夫婦で」とか「若者がバックパッカーで何年も」とかって
およそ時間にゆとりがないとできないイメージがあるよね?

usuri夫婦は、当然、時間もなければお金もない。
いくらゴールデンウィークだったとはいえ、エーゲ海クルーズで何日か有給もらったし
これで更に「10日間くらい休みます♪」とか言ったら、
たぶん帰国後は求職活動をしなければいけないに違いない。

ネット上の旅行記を見ていると、RTWを利用している旅行者は結構多い。
でも大半の皆さん、普通にお勤めをしていて、すごく長い休みを取っている様子はない。
どうやっているのかというと、RTWを何回かに分けている
つまり、たとえばRTWでパリに行き、そこから別の航空券を買って帰国、
次のお休みに再びパリに飛んで、そこからRTWを再開させる、というかんじ。
スタアラのRTWは、有効期間が1年間と決まっているので
1年間に数回に分けて海外旅行をするというスタイルだね。
スタアラのRTWのルールには「10日以上の旅程であること」というのもあるんだけど
RTWの途中でパリから別の航空券で日本に帰国していても
RTWの上ではパリ滞在中、ということになるから、10日以上の連休がなくても
RTWを利用できるようになるんだよね。

とはいえ、usuri夫婦の場合、
RTWの代金に加えて、パリ往復の航空券を買ったら
とてもじゃないけど予算オーバーになっちゃう。
でも、10日以上休んで、いちどきに世界一周をするのは難しい。

安く往復できる海外… いちばん近いソウルで決まり!
RTWの旅程にソウルを組み込み、ソウルに着いたら別に買った航空券で日本に帰国。
次の休みにソウルに飛んで、RTWを再開させればいいね。
RTWを更に分けたければ、他にも中断させる都市を決めなければいけないけど
usuriたちは、どうせそんなに何回も休みはとれそうにないし、2度に分ければ十分。

ソウルを組み込んだ旅程をスタアラのホームページでシュミレーションして
usuriたちの世界一周がだんだん形を見せてくる~♪




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック