年末年始ローマ旅行記32

2013.12.31

ローマ・サンタンジェロ城 Castel Sant'Angelo
~現役の古代ローマ遺跡!


画像
ヴァチカン博物館を堪能したusuriたち。
サン・ピエトロ大聖堂に行く…のが観光のセオリーだと思うけど
せっかく晴れているので、青空の似合う場所に行くことにします。

ねっ? 青空が似合うでしょう?!
画像
画像
サンタンジェロ城です!
初めてローマに来たときには、車窓観光だったから
今回どうしても入場したかったんだよ。
ただ、ヴァチカン博物館が今日は早く閉館しているからか
入場待ちはすごい行列でした…。
ローマパスの神通力も、ここでは通用せず。
青空が出ている間に中に入りたいよう~とジリジリしていました。

やっとこさ入場。
画像
サンタンジェロ城は、紀元135年に
ときのローマ皇帝ハドリアヌスが
自身の霊廟として着工したもの。
だから、古代遺跡っぽい雰囲気があります。

でも、それだけじゃない感じも。
だって、だったらフォロ・ロマーノみたいに
どうしてガレキになっていないのかな?

それはねういのしん、
ここが「ずっと使い続けられていた」からだよ。

ローマ皇帝の霊廟として建設されたのち
軍事施設に転用されて、ポポロ門なども含まれる
アウレリアヌス城壁に組み込まれたサンタンジェロ城は、
中世になるとローマ教皇領の要塞兼教皇の避難所にもなりました。
画像
古代ローマの遺跡の雰囲気じゃないでしょう?
「サンタンジェロ城」=「聖天使城」という名前だって
古代ローマっぽくないしね。
この名前は、590年にローマでペストが大流行した際
この城の上に大天使ミカエルが降り立ち、
流行が終焉したという伝説から名付けられたもの。

古代と中世が混ざるサンタンジェロ城
画像
雰囲気のいい(ただし景色のいい席は運次第)
カフェで、遅いランチにしました。
味は…、観光地だからね!

入場に時間がかかったので、
もう日が傾いてきました。
冬のヨーロッパは日が短いねえ。
画像

画像
屋上に行くと、サンタンジェロ城の名前の由来となった
大天使ミカエル様が身近に。

画像
遠くにヴェネツィア広場の
ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世記念堂が見えています。
いまひとつこの建物を好まない市民からは
「タイプライター」なんて呼ばれているそうだけど、なるほどのネーミングだね。

さて、ローマ教皇の避難所としても
歴史上何度か利用されたサンタンジェロ城。
画像
写真の下のところから
サンピエトロ大聖堂のあるヴァチカン方向に道が延びているのがわかるかな?

1527年に起きた、神聖ローマ皇帝カール5世率いる皇帝軍による
「ローマ略奪 Sacco di Roma」の際に
教皇クレメンス7世がサンタンジェロ城に逃げ込んだことで有名。
画像
ヴァチカンとサンタンジェロ城を結ぶ避難路の
サンタンジェロ城がわの出入口がたぶんここ!

秘密の通路「パセット」のドア!
画像


地中海性気候の冬は雨が多いんだけど
画像
今日はお天気でうれしいね!










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ナイス

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック