年末年始ローマ旅行記49

2014.1.3

ローマ町歩き

地下鉄で共和国広場Piazza della Repubblicaに来ました。
テルミニ駅から一駅の場所です。
画像
共和国広場の中心にはナイアディの噴水Fontana delle Naiadi があって

そこに面しているのが、サンタ・マリア・デリ・アンジェリ教会Santa Maria degli Angeli 
画像
古代ローマ遺跡(ディオクレティアヌス帝の浴場)をいかしたファザードは
ミケランジェロの設計です。

ライオンが水を吐き出しているモーゼの泉Fontana del Mose
画像
共和国広場からすぐ、サン・ベルナルド広場に面した噴水。
モーゼ像があることから、この名前で呼ばれている噴水なんだけど
このモーゼ像、実は、サン・ピエトロ・イン・ヴィンコリ教会にある
ミケランジェロ作のモーゼ像のコピーだと言われています。

ミケランジェロのモーゼ像はここをクリック!

そしてこちらが、モーゼの噴水のモーゼ像!
画像
いや、全然違うでしょ。
なんていうか、知的な感じっていうのがさあ…(言葉を濁すしかない)
角のあるモーゼ像だってところだけだよ、同じなのは!

モーゼの噴水と道を挟んで向かい側にあるのが
サンタ・マリア・デッラ・ヴィットリア教会Santa Maria della Vittoria
画像
ここには、ベルニーニの名作があります。
画像
聖テレーサの法悦
画像
宗教的な喜びを指す「法悦」ですが
ベルニーニのは、なんかこう…、色っぽいよね、
やっぱり。

サンタンドレア・フラッテ教会Chiesa di Sant'Andrea delle Fratte
ここのベルニーニも必見!
画像
サンタンジェロ城の正面にかかるサンタンジェロ橋の欄干に置かれた
ベルニーニの「INRIの銘を持つ天使」と「いばらの王冠を持つ天使」の天使像。
画像
教皇クレメンス9世が、風雨にさらされるのを惜しんでここに移したんだって。
サンタンジェロ橋の欄干には、コピーが置かれることになったんだけど
「INRIの銘を持つ天使」をサンタンジェロに置いておきたかったベルニーニは
コピーを弟子に任せず、自らの手で作成したそうです。
画像
「INRIの銘を持つ天使」

この教会で偶然出会ったのは
画像
コルベ神父では?

コルベ神父はユダヤ人ではなかったけれど
その宗教思想が反ナチスであるとして目を付けられ
アウシュビッツ収容所に送られた方。
そして、アウシュビッツで処刑が決まった収容者が妻子を思い泣き崩れるのを見て
「私はカトリック司祭で、妻子はいないから」と申し出て
身代わりとなって亡くなった方です。
戦後、同じポーランド人だったローマ教皇ヨハネ・パウロ2世により列聖され
聖コルベとなりました。
その列聖式には、コルベ神父が身代わりとなって命を救った元収容者も参列。
彼は戦後ずっとこの出来事の語り部を続けていたそうです。

コルベ神父は長崎で宣教活動をしていたことがあるので
長崎を旅行したときにその存在を知りました。
思いがけずローマで出会えて感激。

画像
歩き回っているうちに、バルベリーニ広場も暗くなってきたね。
画像
ヴェネト通りの電飾が華やか。
ホテルに戻って、すっかり習慣になった、「ディナーまで仮眠」です。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック