年末年始ローマ旅行記43

2014.1.2

ローマ・ カピトリーニ美術館Musei Capitolini

大晦日に来た、カンピオリオの丘にまたやってきました。
画像
サンタ・マリア・イン・アラチェリ教会と
その向こうにヴィットリオ・エマヌエーレ2世記念堂
画像
この段の幅のひろい、なだらかな階段コルドナータは
騎馬でも上れるように設計されている。
だから、上った先に騎馬像があっても違和感ないよね。
階段の両端の彫刻は双子座のカストルとポルックスだって。
画像
美術館に、カンピドリオ広場の模型がありました。
これが、ミケランジェロの設計なのかあ、なるほど~(何が?)

今日の目的は、大晦日に入れなかったカピトリーニ美術館。
画像
世界史の教科書に出てくる
コンスタンティヌス大帝の頭部像がいきなり!
画像
「とげを抜く少年」
紀元前に「とげを抜く」というポーズで彫刻が作られてたなんて~!

ローマのシンボル、カピトリーノの雌狼のオリジナルがこちら
画像
外のはレプリカです。

これも外にある像のオリジナル
画像
カンピドリオ広場の真ん中にある
マルクス・アウレリウス帝騎馬像
なんでも、キリスト教の庇護者、コンスタンティヌス帝の像だと思い込まれて
破壊を免れた像だったそうです。

カラヴァッジョあります…
画像
「女占い師」

あっ…
画像
洗礼者ヨハネ(あるいは開放されたイサク)も
「ブダペスト出張中」か~
ドーリア・パンフィーリ美術館で見たレプリカ(ただしカラヴァッジョ自身による)で我慢だね。

さて、順路を回っていくと、タブラリウム(古代ローマの公文書館)を通ります。
画像
ここには、カピトリーニ美術館に入場しないと来られないんだけれど、
実は、フォロ・ロマーノを眺めるベストスポット!
画像
タブラリウムは、古代ローマにおいて役所としての役割も果たしたそうだけど
画像
タブラリウムの上に、今ローマ市庁舎が建っているって、すごいよね!
画像


さて、ホテルに戻って、ディナーまで少し寝るのが当たり前になってきたusuriたち、
起きたら予約しているレストランへ
画像
ピッコロ・アランチョは、隣のテーブルとの距離がびっくりするくらいに近くて
全然落ち着く雰囲気ではないけれど、それが何だか楽しいお店。
大混雑しているのに、店員さんのサービスが機敏で意外にまたされないからかも。
画像
前菜にはカルチョーフィ(アーティチョーク)の素揚げとズッキーニの花のフライ
アーティチョークを揚げたの、だんだん好きになってきた。

隣のテーブルに出されたアバッキオ(子羊のグリル)の匂いがとても良かったので,
もしかしたらと思って追加注文したらこれが大当たり。
画像
また,これも隣に出されていたサラダが見たこともないものだったので
同じものをと言って頼んだら「プンタレッレ」というローマの冬の郷土野菜でした。
追加注文のおかげで前菜・プリモ・セコンド・サラダ・ドルチェとしっかり食べちゃったよ!

ピッコロ・アランチョはトレヴィの泉のすぐ近く♪
観光地で美味しいものが食べられるってうれしい。
いい気分で帰ります、おやすみ~
画像
にゃにゃっ


Ristorante Piccolo Arancio
Vicolo Scanderbeg 112 - 00187
Fontana di Trevi, Roma
+39 06.6786139






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック